調整池造成工事

調整池造成工事イメージ

大規模、小規模問わず太陽光の現場は今、調整池を始めとする雨水調整を求められます。しかしながら、限られた予算の中でどのように開発を進めるかが問われてます。

太陽光発電に伴う調整池の造成を請け負っております。

調整池造成工事イメージ

大型の太陽光発電設備の建築に伴い必要となる調整池の造成も当社にお任せ下さい!メガソーラー設置からそれに伴う開発申請、景観条例申請など調整池造成の煩雑な手続きなどもパワーでんきカンパニーならワンストップで対応可能です。

都道府県の基準に沿った最適な調整池を造成

大型の太陽光発電施設の建造にあたっては、大雨が降った場合に開発地の下流域で洪水が起こらないために雨水を一時的に貯めておくための調整池を設ける必要があります。都道府県によって様々な基準があり、その土地の河川管理を管轄する都道府県の担当部署と競技林地開発許可制度を元に協議し、必要な調整池を造成することが可能です。


太陽光造成の各種工法について

調整池造成工事イメージ

当社では各都道府県の基準に合わせて様々な太陽光造成を行っております。中でも新技術のテンサーダブルウォール工法は未だ造成できる業者は限られており、従来の工法では工期やコスト面で実現できなかった工事も、より安全に、より低コストに、より短期間で施工が可能です。

テンサーダブルウォール工法とは

テンサーダブルウォール工法(ダブルウォール工法)は、地山掘削面にも補強材を設置した二重壁構造の補強土壁工法です。山岳道路や災害復旧などで掘削量を最小に抑えたい現場では非常に有効な工法で、新技術情報提供システム(NETIS)では活用促進技術に認定されています。

従来の調整池工事:地元生コン業者から仕入れができないや高い、工期に間にあわないといったことがありました。
ダブルウォール工法:現地の池で掘った土が使える。そのため工期が短くてすむ。


造成工事実績

当社所在地の群馬県から全国対応可能です。
これまでに当社で太陽光造成を施工した一例をご紹介いたします。


▼ 施工事例:福島県須賀川市上ノ原

施工年 2021年
施工方式 ダブルウォール工法
施工詳細 当社にて販売させていただいたパネル出力200kwの太陽光発電の施工に伴い、隣接する農地への水害防止の為に長野県の河川管理事務所と協議を行い、全長50mのダブルウォール工法を造成いたしました。オーナー様は当初、造成は別の業者に見積もりを出していましたが、当社でも造成を行っていることを知り、お見積もりを作成させて頂いた所、20%安く工期も早い見積もりだったため、急遽ご依頼いただきました。仕上がりについても当初想定していなかった斜面への安全柵の設置もあり大変満足していただきました。
  • 工事イメージ
  • 工事イメージ
  • 上ノ原航空
  • 工事イメージ
  • 工事イメージ
  • 工事イメージ
  • 工事イメージ
  • 工事イメージ
  • 工事イメージ

▼ 施工事例:福島県須賀川市仁井田

施工年 2020年
施工方式 素掘り工法
施工詳細 施工詳細:当社にて販売させていただいたパネル出力200kwの太陽光発電の施工に伴い、隣接する農地への水害防止の為に長野県の河川管理事務所と協議を行い、全長50mの重力式堤体を造成いたしました。オーナー様は当初、造成は別の業者に見積もりを出していましたが、当社でも造成を行っていることを知り、お見積もりを作成させて頂いた所、20%安く工期も早い見積もりだったため、急遽ご依頼いただきました。仕上がりについても当初想定していなかった斜面への安全柵の設置もあり大変満足していただきました。

無料のご相談・お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です。
太陽光造成でお困りなら、ぜひ一度パワーでんきカンパニーにお問い合わせ下さい!